お部屋探しのリブスペース
10:00~18:00
毎週水曜日
2020年02月21日
リブスペースの全力投球ブログ

退去時のトラブル編!

はいどうも!!リブスペースのブロガー奥谷です!!

今日はですねー先日住之江区のオーナー様からお悩みのご相談を受けたので、もしかすると今後このようなトラブルと遭遇してしまうかもしれないので参考にしていただけると幸いです(^○^)

 

先日オーナー様からお伺いした内容ですが、現在入居されている方が2月上旬に退去されるとの事で退去通知も書面でご提出されオーナー様も受領されて通常であればこれで解約の手続きは完了しております。

 

ただ詳しい理由まではお聞きしておりませんが、現在入居されている方が退去予定の日程をずらしていただけませんかとの内容です。もちろんオーナー様や管理会社によっては次の入居者の方が決まっていなければ双方のお話合いなどで日程をずらしてくれるケースもあるんですが、基本的には書面で解約通知書を提出している以上守っていただく必要があります。

 

ただ、今回のケースは少しやっかいな事になってしまいなんと次の入居者の方が決まってしまっていたんです…。さあーこれからどうしたらいいですか?という内容が本日のお悩みです(^○^)

 

申し込み時点でわかっていれば、次の入居予定者に事情をご説明し入居日を遅くしていただくか、申し訳ないんですがキャンセルをしていただくという選択肢もあったんですが…。お話を聞くところによると既に保証会社の審査の承認も下り、契約書の署名捺印・初期費用の受領まで一通り終わってるではありませんか…。しかも次の入居者の方もとても段取りがよく、現在お住まいの解約通知の手続きも完了され引っ越し業者の手配まで全て終わっているとの事でした。極めつけは家具家電も全て購入されるとのことでそれもほとんどが既に購入済みという最悪な状況になってしまった後でした…。

 

色々アドバイスはさせていただいたのですがその後まだどうなったのか結果を聞いていないのでわかりませんがまたオーナー様から報告があればブログにあげていきたいと思います(^○^)

★対応と対策★

弊社としてはやはり現在入居されている方が解約通知書を書面でご提出されたのは間違いないので現入居者の方には申し訳ないですが、次の入居者の方にはこの話を聞く限り何も関係ないことなのでホテルや実家などで一時的に住んでいただく旨をお伝えいたしますね…。

 

あとは対策としては解約通知書の受領時に念押しで解約通知書のご提出後の取り消しはできませんと伝えてればもしかすると防げていたかもしれません。

 

また、口頭で伝えていたとしても言った言わないの水掛け論になってしまうので書面で伝えることをおススメいたします。100%トラブルを防ぐというのは絶対無理だと思いますので慎重にひとつひとつしていくことが一番のトラブルを防ぐ近道ですね!!

store

会社概要

お部屋探しのリブスペース
label

タグ一覧

お気軽にご相談ください!

INQUIRY
必須
必須
arrow_upward