お部屋探しのリブスペース
10:00~18:00
毎週水曜日
2020年08月03日
スタッフブログ

夏に怖い!!食中毒に気をつける方法。

こんにちは!!

リブスペースのブログ担当、木田です♪

 

最近まで雨が多く涼しい日が多かったですが、

梅雨があけると灼熱の夏がやって来ます。

そこで毎年議題にあがる、食中毒!

家庭でももちろんありえます。

 

小さなお子様がいてる家庭では

余計気をつけないといけませんよね!

家で出来る食中毒対策をご紹介します(^ω^)

☆つけない→洗う!分ける!

手にはさまざまな雑菌が付着しています。

食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付けないように、下記の際は必ず手を洗いましょう!

 

・調理を始める前

・生の肉や魚、卵などを取り扱う前後

・調理の途中で、トイレに行ったり、鼻をかんだりした後

・おむつを交換したり、動物に触れたりした後

・食卓につく前

・残った食品を扱う前

 

☆増やさない→低温で保存する!

10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します!

食べ物に付着した菌を増やさない為に、低温で保存することが重要です♪

 

☆やっつける→加熱処理!

ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅します!なので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。

特に肉料理は中心までよく加熱することが大事。

中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です!

 

【食品選びに気をつける!】

 

・消費期限を確認する

・肉や魚などの生鮮食品や冷凍食品は最後に買う

・肉や魚などは汁が他の食品に付かないように

    分けてビニール袋に入れる

・寄り道をしないで、すぐに帰る!

 

もし、食中毒になってしまったら??

 

気にしていても、食中毒になってしまった時は、

おう吐や下痢の症状は、原因物質を排除しようという体の防御反応なので、医師の診断を受けずに、市販の下痢止めなどの薬をむやみに服用しないようにしましょう!!早めに医師の診断を受けることを第1にしてください。

 

暑い時期の食事管理は難しいですが、

気をつけて健康に安全に暮らしましょう♪

 

 

 

store

会社概要

お部屋探しのリブスペース
label

タグ一覧

お気軽にご相談ください!

INQUIRY
必須
必須
arrow_upward