お部屋探しのリブスペース
10:00~18:00
毎週水曜日
2020年03月07日
リブスペースの全力投球ブログ

ルームシェアをしたいという相談をうけました(^○^)

はいどうも!!リブスペースのブロガー奥谷です!!

今日はですねー今年高校を卒業される方がお悩み相談に来られました(^○^)

相談内容というのが友達何人かとルームシェアをしたいという内容なんです!!

ルームシェア事態はまったく問題ないのですが、正直承諾していただける物件が非常に少ないのが現状なんですよ…。

ルームシェアをするにあたってさまざまなトラブルになってしまう事も結構あるのでそのトラブルについてみていきましょう(^○^)

 

シェアハウスでよくあるトラブル1

①友達同士でもきちんと共有スペース部分とプライベートの部分を分けて、尚且つ間取りも公平に決めないと後々愚痴がでてきたりけんかになってしまいます…。

シェアハウスでよくあるトラブル2

②不動産屋さんにはお部屋探しの時点で正直にルームシェアをする旨をきっちり伝えてください。もしルームシェアをすることを隠して入居後に発覚してしまった場合は違約金など発生してしまう可能性があるので必ず事前に伝えましょう!!

シェアハウスでよくあるトラブル3

③契約者・連帯保証人を誰にするのか??という問題が一番トラブルになりやすいですね…。例えばルームシェアOKの物件で内覧も終わり条件も問題なく、いざ申し込みとなった時に果たして契約者は誰にするのか?連帯保証人は誰にするのかという壁にぶち当たります。地域にもよりますが、大阪の場合ほとんどの物件を借りていただく際に保証会社に加入していただく必要があります。基本的には契約者が未成年であれば親権者同意書が必要になったり、本来連帯保証人は契約者の3親等以内のお身内の方をたてていただくのが一般的です。

シェアハウスでよくあるトラブル4

④上記の問題を仮にクリアをして入居できた場合でも、入居後のトラブルが後を絶ちません。というのもどんだけ仲がいい友達同士で今までケンカをしたことがない場合でも今後ケンカが絶対ないとは言い切れません…。もし仮にケンカになってしまい出て行くとなってしまった際それが契約者になられてる方なら大問題です…。しかも契約者が出て行ってしまったとなると連帯保証人は誰のために保証することになるの?となります。当然自分の身内以外の保証人にはなってくれないでしょう…。という事になってしまえば契約者変更をする必要があります。問題なく変更できたらいいですが、保証会社の再審査などもあるのでそこで非承認となってしまえば入居することができなくなってしまう事もあります。当然一人入居者が減ってしまうと一人あたりの負担しないといけない家賃が増えるので生活が圧迫されることも考えられます…。

 

 

以上を踏まえてシェアハウスは非常に楽しいと思いますし、どんどんシェアハウスが増えていってほしいのですが、友達同士でシェアされる際はこういうトラブルも隠れていますのでご注意くださいね(^○^)

store

会社概要

お部屋探しのリブスペース
label

タグ一覧

お気軽にご相談ください!

INQUIRY
必須
必須
arrow_upward