お部屋探しのリブスペース
10:00~18:00
毎週水曜日
2019年11月10日
リブスペースの全力投球ブログ

入居前の測っておきたい場所

はいどうも!

リブスペースブロガー奥谷です!

 

今日は入居する前に家具家電の配置を考えるために測っておきたい場所・測っておいた方がいい箇所をお伝えしていきますね。

絶対一度はあると思いますが、測らせてもらったのはいいけど肝心なところを測るの忘れてしまったとか、帰ってきて色々考えているうちにあそこも測るの忘れてしまったなど…。そんな経験ないでしょうか(笑)?まー人間なんで忘れることはあるかもしれませんが少しでも未然に防いでいただけたらと思います。

 

まず、

お部屋に入る前に玄関や共有部分の廊下・エレベータの幅など。

(事前に測っておくと引っ越し業者さんとのやりとりもスムーズに!)

(大型家具や家電製品を運ぶ時にエレベーターがあっても乗せれないケースや、階段を使うことにより見積金額も高くなってしまう事もありますので注意してくださいね)

ベランダからの搬入等もできますがクレーン車などを手配する場合これも大体15000円以上別途必要になりますので要注意ですよ。

 

・大型の家具や家電製品の置く場所の幅や奥行の寸法

(特に冷蔵庫・洗濯機・食器棚・キッチンコンロなど)

(洗濯機の排水場所やトイレに収納がない場合など突っ張り棒で対応する場合など)

 

・カーテンレールの幅と窓枠の高さ

(窓枠の幅でも大丈夫ですがレールの幅で測っていただくことをおすすめします)

(高さはレールから床まで測ってしまうとカーテンがすれて汚れてしまうので床につかないくらいで測るのをおすすめいたします)

 

・幅木や凹凸箇所にも注意が必要です。

(思った通りぴったりに壁に棚や家具などを置けないこともよくありますのでご注意を)

 

言い出したらきりがないので、最低限必要な箇所はこんな感じでしょうか!!

 

※採寸時にあれば便利なもの

・メジャー

・物件資料や間取り図

・筆記用具・資料をはさむバインダー

・カメラ(デジカメ・スマートフォンのカメラで十分)

・もし賃貸物件であれば事前にもらえるなら室内チェック表

 (退去時トラブルにならないように)

 

 

store

会社概要

お部屋探しのリブスペース
label

タグ一覧

お気軽にご相談ください!

INQUIRY
必須
必須
arrow_upward